スポンサードリンク

日本企業のレバレッジ効果

日本企業は高度経済成長期に借り入れを大幅に増やしたため、
伝統的に他の先進国よりレバレッジ効果が高いとされてきた。


しかし、1970年代後半以降、
優良製造業が債務の返済に転じ、1990年代末には有利子負債返済の大ブームとなった。


このため、一部企業は多額の現金を抱え、むしろ逆のレバレッジ効果が働いている。


このため、安定性は飛躍的に高まったが、利益率の低下を理由に株価は低迷。


企業買収の標的となる危険にさらされている。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25537930

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。