スポンサードリンク

FXの取引の例

取引の例を示す。

ここでは、簡単にするため金利や手数料は考えず、相場変動だけを考える。



例:

5000ドルの証拠金を預託すると、10万ドルの取引が可能とする。つまり、証拠金は取引額の5%(レバレッジ20倍)。


1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、
その後、円高となって1ドル=115円になったとする。


このときの収支は、


1ドルあたり115円-120円=-5円であるから、
10万ドルでは50万円の損失である。



また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。


初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。



実際には、途中でマージンコールの発生により追加証拠金(追証)を求められることがある。


上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は50万円の利益となる。



つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。